あつまれどうぶつの森の島厳選リセマラで重視するポイントは?

どうぶつの森

スポンサードリンク

どうぶつの森の最新作の「あつまれ どうぶつの森」が発売されましたね。
もうさっそくプレイしている人も多いようです。

プレイを始めると、無人島に到着して生活開始!となるのですが、
この島を自分好みかどうかで厳選するためにリセマラをする人もいます。

そこで、島厳選リセマラで重視するポイントを紹介します。



スポンサードリンク

リセマラで重視するポイント

リセマラで重視するのは、最初に決めたら後から変更できないもの、
変更が難しいものを選びます。

リセマラ対象となるのは、
・島の形状
・案内所の位置
・島の名産品となる果物の種類
・最初の住人2人
となっています。

島の形状

島の形状は、過去のどうぶつの森シリーズでも厳選している人はいましたが、
今作でもある程度は重要です。

ただ、今作は島の形状をある程度変更できるため、
そこまで重要視する必要はありません。

なんとなく気に入ればOK、というスタンスでいいでしょう。

案内所の位置

案内所は、初期の頃は頻繁に通うことになります。

そのため、案内所の場所はアクセスがしやすい島の中央部がよさそうですが、
ある程度島が発展すると、今度は逆に邪魔になります。

最初は多少不便でも、案内所は島の端がおすすめです。

果物の種類

これも以前のどうぶつの森でありましたが、島の名産品となる果物に種類があります。
最初に決めたら変更できないので、決めている果物があるのなら重視するポイントになります。

最初の住人2人

無人島に行くときに、最初の住人となる動物が2人決まります。

もちろん、今後住人は入れ替わりますが、当面はこの2人と一緒に生活することになります。

どの動物がいいかは人それぞれでしょうが、こだわりたいのなら重視するポイントになります。

最初の動物は、
・ハキハキ
・アネキタイプ
の中から選ばれるようです。



スポンサードリンク

リセマラの効率を上げる方法

リセマラは面倒ですが、時間を短縮するためのコツを紹介します。

まず、まめきちとつぶきちのセリフはBボタンを押しっぱなしで早送りできます。
また、ムービーは+ボタンでスキップできます。

これで島の厳選だけなら1分半ぐらい、
特産品や飛行場の色まで厳選するなら3分弱程度でリセマラできます。

まとめ

一応、リセマラ可能ですが、あんまりやらないほうがいいかなぁ・・・と思ってはいます。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました