スプラトゥーン3 サーモンランのオーバーフロッシャーの使い方 | それでもゲーム好き
※本ページはプロモーション広告を利用しています

スプラトゥーン3 サーモンランのオーバーフロッシャーの使い方

スプラトゥーン3

スプラトゥーン3のサーモンランでの「オーバーフロッシャー」の使い方のコツをまとめました。



オーバーフロッシャーの特徴

オーバーフロッシャーは、泡を発射するタイプのスロッシャーです。

攻撃1回で4つの泡を発射し、地面や壁で反射します。
地面で3回反射すると泡は消えます。(壁の反射は回数に含みません)

射程はレティクルは反応しませんが、実際にはさらに遠くまで届きます。

攻撃力は距離による減衰はなく、常に一定です。

オーバーフロッシャーの攻撃は、この泡を直接当てることになります。



オーバーフロッシャーの基本的な立ち回り

オーバーフロッシャーは、泡をうまく当てれば攻撃力もあり、射程も長いため、
雑魚処理とオオモノ処理のどちらも効率よくできます。

ただ、泡は小さいため、うまく当てないとダメージを与えられないため、エイム力が必要です。
とはいえ、適当に泡をばらまくだけで敵に攻撃できるという点もあり、大量の敵に向けて、とりあえず泡をばらまくという使い方もできます。

泡は遠くまで届きますが、地面がない場所では届きません。(海に落ちれば消える)
また、金網はすり抜けるため、金網の先の敵には当てにくい場合があります。



オーバーフロッシャーの塗り

オーバーフロッシャーの塗りは、泡を発射すると、その下の地面が塗れます。
ただ、泡は小さいため、一振りで塗れる範囲は小さくなっています。

特に、広範囲をきれいに塗ることが苦手なので、塗り効率はあまりよくありません。



オーバーフロッシャーの敵別の対処法

雑魚

雑魚処理は、一振りでシャケを2体倒せるなど、比較的得意ですが、
コジャケは小さいため当てにくく苦手です。

大量の雑魚処理は得意ですが、コジャケを倒しそこねる場合があるため注意が必要です。

また、泡は一直線に発射されるため、雑魚は直線的に誘導しましょう。

コウモリ

頭を出してから効率よく攻撃すれば、1ターンで倒せます。
弾の打ち返しは、当てにくいためコツが必要です。

ヘビ

ヘビの後部は素早く動くため、当てにくく苦手です。
特に横方向に移動されると偏差撃ちをする必要があります。

できれば縦に移動しているところを狙いましょう。

ダイバー

塗り効率が悪いため、一人では間に合いません。
味方のサポートが必要です。

タワー

タワーは1発で1段倒せるため、効率よく倒せます。
また、射程もあるため、高台から倒すこともできます。

ハシラ

下から攻撃することもできますが、当てるのが難しいため苦手です。
側面を塗るのも苦手なので、ハシラは味方にまかせたほうがいいでしょう。

グリル

グリルのスタン前は弱点が素早く動くため、かなり当てにくいため苦手です。
スタン後は問題なく攻撃できるので、スタンは味方にまかせるほうがいいかもしれません。

ヒカリバエ

ヒカリバエは、シャケを一振りで4体倒せるため、雑魚処理を優先します。
キンシャケも同時に攻撃しましょう。

できればシャケを直線的に誘導したいところです。



タイトルとURLをコピーしました