tERRORbaneってどんなゲーム?口コミ感想まとめ | それでもゲーム好き
※本ページはプロモーション広告を利用しています

tERRORbaneってどんなゲーム?口コミ感想まとめ

Switch

Switch、Steamで配信中のゲーム「tERRORbane」。

この「tERRORbane」がどんなゲームなのかの概要と、
感想・評判など紹介します。



tERRORbaneの概要


「tERRORbane」は、バグがあなたの友達になるコメディタッチのアドベンチャーです。
個性的で奇妙なキャラクターや、ビデオゲームというメディアとその歴史へのオマージュに満ちた、クレイジーで突飛な世界の探検を楽しんでください。最高のゲームを作るために何が本当に必要なのか、その核心に迫るために、開発者のずさんなデザインを利用したり、ズルしたりしながら、あなたの創造力で開発者に挑戦しましょう。



tERRORbaneってどんなゲーム?

「tERRORbane」は、開発者が「史上最高のゲームを作り上げた」と自負するバグだらけのゲームに入り込み、いろんなバグや不具合を潰していくという見下ろしタイプのゲームです。

プレイヤーは、ゲーム世界の救世主である「テラーベイン」(tERRORbane)となり、バグや不具合を探し出してバグリストを埋め、おかしなバグを利用してゲームを進めていきます。

ゲームでは、バグや不具合だけでなく、開発者とも戦います。
カットシーンのスキップボタンを押すと、開発者が怒ってくるといった、メタな設定が用意されています。

城や神殿、宇宙船などいろんなステージがあり、過去のゲームのオマージュが散りばめられています。



tERRORbaneの感想・評判

パロディとオマージュが詰め込まれたオールドJRPGへのラブレターとも言える作品

パロディ、オマージュ盛りだくさんのメタ要素ありコメディアドベンチャー。
JRPGを遊んできた人に刺さるネタが多そう。洋ゲーネタもありました。
ちょうどいい難易度のパズルや、探索が楽しくなるバグ探しが良い感じ。
トレーラーのノリに惹かれたら楽しめると思います。

クロノトリガーやFF6・FF7を知っていれば笑えるネタが多い、JRPGパロディのバグさがしアドベンチャーゲーム。
おバカでB級感の漂うトレイラーを見て、気にいった人はそのままのノリで楽しめる。

[getswin keyword=”tERRORbane” view_num=”10″]



タイトルとURLをコピーしました