インナー・ヴォイス(Inner Voices)ってどんなゲーム?口コミ感想まとめ | それでもゲーム好き
※本ページはプロモーション広告を利用しています

インナー・ヴォイス(Inner Voices)ってどんなゲーム?口コミ感想まとめ

Switch

Switchで配信中のゲーム「インナー・ヴォイス(Inner Voices)」。

この「インナー・ヴォイス(Inner Voices)」がどんなゲームなのかの概要と、
感想・評判など紹介します。



インナー・ヴォイス(Inner Voices)の概要

罠の中でもがき苦しむ男、ジョン・ブレイク。
彼の頭の中に潜む声に耳を傾けるのだ。彼を救い出せるのは君だけだ。

君が見たものが真実かどうかはわからない。
罠から逃れることが出来たなら一安心できるだろう。
しかし、それはただ逃れただけですべてを発見したわけではないのだ。

君はランダムな部屋の迷路からの脱出方法を探り続けることになる。
新たな声に悩まされることもあるだろう。
そして…誰が死ぬのかを決めるのは君なのだ。

時系列が入れ替わるストーリー、プロシージャルに生成させるプレイ展開などや、誰もが好きなホラー要素のテイストを少し加えた、唯一とも言えるアドベンチャーゲームでジョンと彼の過去に向き合おう。



インナー・ヴォイス(Inner Voices)ってどんなゲーム?

「インナー・ヴォイス(Inner Voices)」は、一人称視点のアドベンチャーゲームです。

時系列が入れ替わるストーリーライン、刻々と変化するランダムな迷路などが特徴で、
5つの異なるエンディングのマルチエンディングとなっています。



インナー・ヴォイス(Inner Voices)の感想・評判

[getswin keyword=”インナー・ヴォイス” view_num=”10″]



タイトルとURLをコピーしました