Fly O’Clock VS エディションってどんなゲーム?評価感想まとめ

感想評価

スポンサードリンク

Switchで2020/4/9に配信された「Fly O’Clock VS エディション」。
最大4人までのプレイに対応したシンプルなゲームです。

この「Fly O’Clock VS エディション」がどんなゲームなのかと、
感想評価についてまとめました。



スポンサードリンク

Fly O’Clock VS エディションの基本情報

ジャンル:アクション
メーカー:Forever Entertainment
必要な容量:113MB
プレイ人数:1~4人
価格:200円(税込)

このゲームは、シンプルなルールで、最大4人まで楽しめるカジュアルゲームです。

まず、プレイヤーは16種類の「FLY」から、1匹を選んでスタートします。

ゲーム内容はシンプルで、時計の文字盤の上で、動き続ける「針」に触れないようにジャンプし続け、できるだけ長く生き残るのが目的です。

針はジャンプして避けますが、ジャンプは反時計回りの方向にしかできません。
針は時間と共に少しずつスピードが上がります。
「針」に触れるとアウトです。

操作はボタン1つのみ。4人対戦もできます。



スポンサードリンク

Fly O’Clock VS エディションの評価・感想

感想などのレビューはまだありません。

かなりシンプルなゲームなので、一人プレイではつまらないかもしれませんが、
パーティーゲームとしては楽しめます。

ジャンプしたときの移動距離を理解して予測するのがポイントになります。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました