エルデンリング 最強出血攻撃!血の刃や血炎の刃の組み合わせ

エルデンリング

エルデンリングでは、出血が強いですが、
そんな出血の最強攻撃ができる「血の刃」と「血炎の刃」の組み合わせについて紹介します。



スポンサードリンク

血の刃や血炎の刃の使い方

この方法で使うのが、戦技「血の刃」です。

この「血の刃」は、自分を傷つける代わりに、
前方に出血攻撃を飛ばすという戦技です。

自傷ダメージはありますが、最初の一度だけで、
その後の連続攻撃には自傷ダメージがないため、
血の斬撃ほどの自傷ダメージはありません。

この「血の刃」に組み合わせるのが、祈祷「血炎の刃」です。
「血炎の刃」は、右手の武器に出血のエンチャントをするというものなのですが、
なぜか戦技にも出血が乗ります。

そして、このエンチャントは「血の刃」にも乗ってしまいます。
つまり、血の刃の出血効果がさらに増加するというわけです。

この効果を上げるため、タリスマンには、
出血で攻撃力アップの「血の君主の歓喜」
エンチャントの時間を伸ばす「古き王のタリスマン」
戦技のダメージを上げる「アレキサンダーの破片」
がおすすめです。

さらに出血で攻撃力を上げる「白面」も装備しましょう。



スポンサードリンク

血の刃や血炎の刃の立ち回り

立ち回りについてですが、まず血の刃をつけた武器に血炎の刃でエンチャントします。

後は、敵に向かって血の刃の攻撃を当てるだけ。

ボス戦では、遺灰にターゲットを取ってもらっている間に、血の刃を当て続けましょう。
これで出血ダメージがかなりのスピードで入ります。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました