落書きライダーってどんなゲーム?感想レビューと攻略ポイント

スマホゲー

スポンサードリンク

たま〜にスマホの無料ゲームのランキングを見たりするんですが、
たまたまランキングの上位に「落書きライダー」というゲームがありました。

まあまあ評価もよさそうなので、さっそくプレイしてみました。



スポンサードリンク

落書きライダーってどんなゲーム?

このゲームはかなりシンプル。

プレイヤーはカートに乗っていて、ひたすら前進します。
で、ここからがこのゲームのポイントで、
自分で書いた形がタイヤになる
というルールがあります。

ステージは平らな道路から壁、水中などいろいろあり、
その道路の形状にあわせてタイヤを変えていきます。

落書きとまではいえないですが、フリーハンドで書いた線がそのままタイヤになります。

一応プレイヤー意外にも敵がいて、競争するという形になっています。
(先にゴールすると宝箱がもらえます)

まあ、敵といってもたぶんCPUでしょうけど・・・。



スポンサードリンク

落書きライダーをプレイした感想

さくっとプレイしてみました。

ゲームはかなりシンプルで、ルールはすぐにわかります。
書いた形がタイヤになるというのは斬新で、いろんな形のタイヤで進んでいくのは面白いです。

ただ、どうしても単調になりますね。
ステージの種類は結構ありますが、パターンはあんまり多くないので、
やることがパターン化されてきます。

さくっとプレイする分には楽しめますが、あんまりじっくりプレイするようなゲームではないですね。
飽きるのも早いです。

あと、レビューにもありますが、広告が多いですね。
1ステージプレイしたら広告が入るので、どうしてもうざく感じます。
(広告は途中でスキップできますが、それでも多いですね)

まあ、このメーカーのゲームによくあるパターンといえばそれまでです。

落書きライダーの攻略ポイント

さて、ある程度プレイしたら攻略ポイントが分かってきましたので、書いておきます。

まず、タイヤは路面にあわせてすぐに変えましょう。

普通の平面の場合は「丸」。
垂直の壁の場合は、「〜」みたいな形で壁にひっかかるような形にします。
水面を進む場合は「/」が一番速いです。
ドローンモードも「/」がいいですね。
溶岩は大きい丸がいいでしょう。(タイヤが剥げていくので)

これを切り替えるだけで攻略できますよ。



スポンサードリンク

落書きライダーの評判まとめ

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました