Minoria(ミノリア)ってどんなゲーム?感想評判まとめ

感想評価

Switch、PS4/5、Steamなどで配信中のゲーム「Minoria(ミノリア)」。

このMinoriaがどんなゲームなのかの概要と、
感想・評判など紹介します。



スポンサードリンク

Minoria(ミノリア)の概要

インクと血の跡がにじむラメジィア通り。魔女は焼かれ、罪人は清められなければならない・・・。尼僧セミリアがミノリアの異端者を浄化する時、冒険の幕が上がる。モモドラのクリエイターがお届けする、アクション-プラットフォーマー。

第4次魔女戦争の幕開けとともに、この物語は始まります。それは狂信的とさえ言えるほどの信仰の時代・・・人類を脅威に陥れる罪びと粛清のため、異端者への異端尋問を執行する強大な組織、セイクリッドオフィス。そして、”魔女”の烙印を押され、教会の教えに背く奇怪な儀式を司る集団。
尼僧セミリアとフラン、そして教会の宣教師たちと手を取り、魔女の儀式を妨害し、未来を脅かす異端者から人々を守るために、今こそ旅立て…

ミノリアは、Bombserviceがお送りする最新でもっとも意欲的なタイトルであり、かつモモドラシリーズの精神的後継作のような作品です。モモドラをプレイされた方は、世界観や操作方法、パリィ、避け行動、そしてバラエティーに富む数々の魔法など、この2つのゲームに多くの共通点があることが分かるでしょう。ミノリアのビジュアルは、手書きによる2Dの背景とセルシェダーのキャラクターなどを美しく織り交ぜ、HD化して表現されており、Bombserviceがコンソールで表現したものがミノリアにも引き継がれています。

・中世ヨーロッパの歴史にインスパイアされたファンタジーワールド
・手描き2Dアートとセルシェーディングを組み合わせたユニークな造形美
・我慢強く慎重に、一瞬の隙をついて攻撃を繰り出せるスムーズなコントロール
・プレイヤーが剣と呪文の合わせ技で敵を倒すことができるアグレッシブなバトル
・回転避けやパリィなど、様々な防御方法
・キャラクターの難易度を自由に調整できるレベル設定機能



スポンサードリンク

Minoria(ミノリア)ってどんなゲーム?

「Minoria(ミノリア)」は、ジャンルが2Dアクションゲームです。
MOMODRAシリーズの後継作となっています。

アクションを駆使し、敵を倒したり、アイテムを集めたりして、
先に進んでいくメトロイドヴァニアゲームとなっています。



スポンサードリンク

Minoria(ミノリア)の感想・評判

ソルトアンドサンクチュアリに近い難易度。
ざっとやってみたけど操作感は良い。
ゲーム進行によってやれる事が増えていくタイプのゲームなので序盤は若干単調かな。
死亡すると前回セーブしたセーブからやり直しになるのが物凄くストレスですね。

MOMODORAのほうがやってて楽しい。
一撃でライフの9割を吹き飛ばす爆弾投げてくる敵がいたり、雑魚の火力が高くて死にまくって巻き戻りまくるのがダルいのか。
とにかく格好いいみたいなのが失われ、ただ歩いて攻撃を振るだけでも気持ちいいってことがなくなったのが駄目なのか。

敵からの攻撃の一撃が非常に重く、食らうと大幅にHPが持っていかれます。
そしてパリィが存在しているため、とあるゲームからの影響もあるのでしょう。雰囲気暗いですし。
苦手な方は序盤で何このクソゲーって思ってしまうかもしれませんが、それは2番目ボスくらいまでです。

Momodoraだと思って買うと少し違うなと思うかもしれません。
ゲーム自体はストーリーにグラフィックとBGMがマッチしていて操作性も良いので普通に楽しめます。
ドット絵ではなくなりましたがこちらはこちらで雰囲気が良いですし私は好きです。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました